”怒”の癒し

”怒”の癒しとは、”怒り”の感情として受け留められるストレス(刺激)の過不足を解消する ことです。
また、関連する自然エネルギーは『火』のエネルギーとなります。ですから”怒り”といった感情の他に ”熱の刺激(暑さ・熱さ)””情熱的な気持ち”といった要素も「火のストレス要素」に含まれています。
”怒り”の感情は、周りの人々に大きなストレス(刺激)となることは、想像しやすいのではないかと 思います。ただ”怒り”の感情が不足していても、それが大きなストレスになることも認識しておくこ とが大切です。

”怒り”の感情を投げかけてもらえる(向ける)ことに対して人は、「気にかけてもらっている」 「自分のことを意識してくれている」といった”思い”を抱くことができるのです。”怒り”と同質な エネルギーである”情熱”も同じこと。”怒り””情熱”の刺激を与えられることによって、”信頼 されている””存在を認めてもらっている”という『安心感』を有することができることになるのです。 ゆえに、”怒り””情熱”の刺激不足を解消することも”癒し”となっているのです。

”怒”の癒しに関わる自然エネルギー
■『火』のエネルギー・・エネルギーの特性などについてはこちら 火エネルギーをご参照ください。

”怒”のストレス(刺激)要素の種類(具体例)
■”怒り”の感情
■”情熱”の感情
■”熱”による刺激 

主な”怒”の癒し要素
■太陽熱(陽射し)エネルギーを享受すること。(陽だまり)
■温泉の中でも”熱主体の温泉(火エネルギーの温泉)”への入浴。
■良質な”水エネルギー”のパワースポット(滝・海・泉・朝霧のパワースポット)
■良質な天然水(軟質水)の摂取。(過剰な火エネルギーの削除)

◇スポンサードリンク



”怒”の癒し〜”怒”の刺激が「不足」の時

”怒”の刺激が「不足」している場合の多くは、”孤独感”に繋がっていきます。 その孤独感がさらに、人との交流を少なくしていくこととなりやすく悪循環を生みやすい のも特徴のひとつです。”他人に自分の存在を認められていない”といった思いが”孤独感” をつのらせていくことになるのです。

基本的には、”火のエネルギー”を享受(補給)していくことによって”怒”の刺激「不足」 を解消・・すなわち”怒”の癒し をもたらすこととなります。他にも、時間は少々かかることになるので すが、”火エネルギー”を強化していくという意味で、”土エネルギー”を享受していく方法があります。

陽の”怒”の癒し(火エネルギー補給及び強化)の具体的要素
・”火と土”の両エネルギーを有する”火山”のパワースポット。(火エネルギーのパワースポット
・指導者についた形での”運動・スポーツ”で体を動かすこと。(この場合、指導者が大切な要素)
・鉱物分・ガス分の含有量が少ない”単純泉(温泉)”(熱めの温泉がより良)
・辛味成分(カプサイシン)の入った食べ物の摂取。

◇スポンサードリンク


陰の”怒”の癒し〜”怒”の刺激が「過剰」の時

”怒”の刺激が「過剰」な時には、”苛立ち”を感じることが多くなります。”不満” が口をついて出てくる割合が多くなってきたと感じたときには、陰の”怒”の癒しが 必要なとき(”怒”の刺激が「過剰」で解消させなければいけないとき)と認識しま しょう。

陰の”怒”の癒しには、2種類の方法があります。ひとつが、過剰となっている”火エネルギー” を発散させる方法。もうひとつが、”火エネルギー”を弱める方法です。前者の場合には 「運動」が基本となります。ストレッチ的な要素ではなく、”汗”をかくほどのランニング やスポーツが対象となります。

後者の場合、”水エネルギー”を享受することにより、”火エネルギー”を弱める ということになります。”水のパワースポット(滝・海など)”による”癒し”が 有効となるのが、この”怒”の刺激が「過剰」な時が対象となるのです。

陰の”怒”の癒し(火エネルギーの発散と水エネルギーの享受)の具体的要素
・”水のパワースポット”からの水エネルギーの享受。(滝などの水エネルギーのパワースポット
・”水エネルギー系神社”(パワースポット)へのお参り。
・”汗”をかくほどの運動・スポーツを行うこと。(火エネルギーの発散)
・良質の”天然水(軟質)”の摂取。(水エネルギーの享受)



喜の癒し back Next 哀の癒し