”哀”の癒し

”哀”の癒しとは、”哀しみ”の感情として受け留められるストレス(刺激)の過不足を解消する ことです。
また、関連する自然エネルギーは『水』のエネルギーとなります。ですから”哀しみ”といった感情の他に ”冷たさの刺激(寒さ・冷たさ)””冷静な気持ち”といった要素も「水のストレス要素」に含まれています。
”哀しみ”の感情も、「怒りの感情」と同様に”不足”していてもストレス(刺激)となり、蓄積 されることで心身に悪影響を及ぼすことになります。”哀しみ”の感情の「不足」は、多くの場合 ”優しさ不足”として受け留められることがあります。その本質は”同情不足”なのです。

「同情してくれる人がいない」「同情してもらえない」といった”思い”が蓄積されていくことが ”哀”の刺激不足であり、心身に悪影響を及ぼすことになっていくのです。”怒”の刺激不足と一見同じ ように、「自分のことをわかってくれない」という思いを抱くことに繋がるかもしれませんが、 ”哀”の刺激不足の場合はあくまでも、『同情』してほしいということが本質です。「批判や 反対意見・注意喚起」など含まれているものは、全て「自分のことを認めてくれていないこと」 として受け留めてしまうため、”怒”の刺激不足とはその内容が異なるのです。

”哀”の癒しに関わる自然エネルギー
■『水』のエネルギー・・エネルギーの特性などについてはこちら 水エネルギーをご参照ください。

”哀”のストレス(刺激)要素の種類(具体例)
■”哀しみ”の感情
■”冷静さ”の感情
■”冷たさ”による刺激 

主な”哀”の癒し要素
■太陽熱のエネルギーを享受すること。火のパワースポットの活用。(過剰な水エネルギーの削除)
■温泉の中でも”熱主体の温泉(火エネルギーの温泉)”への入浴。
■良質な”水エネルギー”のパワースポット(滝・海・泉・朝霧のパワースポット)
■”涙”を流すこと(泣くこと)。(過剰な水エネルギーの発散)
■暖かな紅茶の摂取。(火エネルギーによる過剰な水エネルギーの削除)

◇スポンサードリンク



”哀”の癒し〜”哀”の刺激が「不足」の時

”哀”の刺激が「不足」している場合の多くは、”同情してほしい”といった願望が つのっていくことになります。その結果、”周囲の優しさ不足””自分のことを理解してくれていない” といった思いに繋がることもあるようです。

基本的には、”水のエネルギー”を享受(補給)していくことによって”哀”の刺激「不足」 を解消・・すなわち陽の”哀”の癒し をもたらすこととなります。他にも、時間は少々かかることになるので すが、”水エネルギー”を強化していくという意味で、”金エネルギー”を享受していく方法があります。

陽の”哀”の癒し(水エネルギー補給及び強化)の具体的要素
・”水”のエネルギーを有する”水”のパワースポットの活用。(水エネルギーのパワースポット
・良質な”天然水(軟質)”の摂取。(水エネルギーの補給)
・低温の”塩化物泉(温泉)”への入浴。(水と金エネルギーの補給)
・柑橘類の摂取。(金エネルギーの補給)。

◇スポンサードリンク


陰の”哀”の癒し〜”哀”の刺激が「過剰」の時

”哀”の刺激が「過剰」な時には、”自虐性””落ち込み感”を深く感じることが多く なります。また、別のケースでは、”冷め切った気持ち””冷ややかさ”といった感情 を芽生えさせることにも繋がるのです。

この両者は共に同質なもので、”自分自身に気持ちが向かった”ときには前者の”落ち込み感” が・・”他者へ気持ちが向かった”ときには後者の”冷ややかさ”といった感情として 表れてくるのです。感情の方向性の違いだけで、本質は同じ要素となっています。

基本的には、過剰な「水エネルギー」を削除・発散させる方法と「水エネルギー」を 弱らせる方法が存在しています。後者の場合には、”火エネルギー”を享受すること によって、”水エネルギーの弱体化”を推進することになります。

陰の”哀”の癒し(水エネルギーの発散と火エネルギーの享受)の具体的要素
・”火のパワースポット”からの火エネルギーの享受。(火山などの火エネルギーのパワースポット
・”涙”を流すこと。(過剰な水エネルギーの発散)
・人や動物たちの”暖かさ”に触れ合うこと。(火エネルギーの享受)
・鉱物類をほとんど含まない”単純泉”への入浴(熱めの温泉が良)。(火エネルギーの享受)



怒の癒し back Next 楽の癒し