”喜”の癒し

”喜”の癒しとは、”喜び”の感情として受け留められるストレス(刺激)の過不足を解消する ことです。
また、関連する自然エネルギーは『金』のエネルギーとなります。ですから”喜び”といった感情の他に ”電気的刺激(静電気・電磁波など)””ヒステリックな感情””光の刺激(まぶしさ)”といった要素 も金のストレス要素に含まれています。
”喜び”の感情は誰しもが求める要素。そういう意味では、「喜びが不足」していることがストレスとなる のは理解しやすいかと思います。でも、「喜びが多い」ことが心や体にとってストレスとなるとはあまり 理解しにくいかもしれません。

しかし、世の中には『依存症』といった心と体の病ともいえる要素が存在しているのは知っている方も多い のではないでしょうか。これがまさに「喜びが過剰」な状態を意味しているのです。”喜び”の感情が過剰 に心(脳)や体に蓄積されてしまっていることにより”負のストレス(刺激)”を受けているのです。
もうひとつの特徴として、「喜びが過剰」な状態を生み出すきっかけが・・別の要素(対象)の ”喜びが不足”している場合が多いのです。そういう意味では、「喜びの不足」と「喜びの過剰」が同居し ている状態が『依存症』という症状といえるのではないでしょうか。

”喜”の癒しに関わる自然エネルギー
■『金』のエネルギー・・エネルギーの特性などについてはこちら 金エネルギーをご参照ください。

”喜”のストレス(刺激)要素の種類(具体例)
■”喜び”の感情
■”電気的(静電気・電磁波など)”刺激
■”ヒステリック”な感情 
■”光(まぶしさ)”の刺激

主な”喜”の癒し要素
■自然神(神・神獣「黄龍」)のスピリチュアルパワー
■”笑い”によるストレス発散
■良質な”陽射し(陽だまり)”のエネルギーを受けること(陽射しのパワースポットなど)

◇スポンサードリンク



”喜”の癒し〜”喜”の刺激が「不足」の時

”喜”の刺激が「不足」している場合の多くは、”幸福感の欠如”に繋がっていきます。 ”幸福感”は前進(活動)していくための原動力(栄養)となっているとともに良き方向 へと進んでいることを示してくれる「道しるべ」なのです。

この「道しるべ」の存在が感じられないということから、”不安感”がもたらされること になり、これがストレスとして蓄積されていくことが課題となります。この ”不安感”を 解消するということが、陽の”喜”の癒し であり・・そのための具体的な方法が「金エネルギー の補給」ということになるのです。

陽の”喜”の癒し(金エネルギー補給)の具体的要素
・自然神からのスピリチュアルなエネルギーの享受。(神社などの金エネルギーのパワースポット
・”好奇心”をもたらしてくれるような情報・体験に触れ合うこと。
・”ライバル心”を感じるような人との交流。
・「勝敗」が存在する”スポーツ・競技”の観戦及び勝敗にこだわった競技を行うこと。

◇スポンサードリンク


”喜”の癒し〜”喜”の刺激が「過剰」の時

”喜”の刺激が「過剰」な時には、大きく2種類の要素が存在しています。ひとつは一般的に 「ストレスが溜まっている」と表現しているような状態。ヒステリックな感情が芽生えやすい 状態を意味しています。もうひとつは、”喜び(快感)”が過剰になりすぎて”依存性”が 表れてきている状態です。

”感情的”には、大きく異なるように思える要素ですが、心身に及ぼす影響としては共に 同じような働きをするものであり同質のストレス(刺激)蓄積状態となっています。状態とし ては本物の”笑顔”が見られなくなるのが特徴です。

この状態を解消(癒し)する方法としては、「金エネルギーの除去・発散」と「金エネルギー を弱めること」の2つの方法があり、前者は”金エネルギー”を心身から放出させる方法となり 、後者は”土エネルギー”を享受することによって”金エネルギー”を弱めるといった方法 となります。

陰の”喜”の癒し(金エネルギーの発散と土エネルギーの享受)の具体的要素
・”山””大地””流脈”からの土エネルギーの享受。(富士山などの土エネルギーのパワースポット
・”大笑い”すること。(”笑い”よる金エネルギーの発散)
・”土”との触れあいを得ること。(土いじり、畑作業などによる土エネルギーの享受)
・自然農法で作られている”根菜類”や”コーヒー”の摂取。(土エネルギーの摂取)



”癒し”の種類と特徴part2 back Next 怒の癒し